Facebook Instagram Twitter

【主催】 草加ふささら祭り実行委員会  【共催】草加市

踊る、食す、感じる イベント

草加ふささらまつりとはABOUT

祭りを手段とした「草加のかたちづくり」

~観光コミュニティイベント 草加ふささら祭り~

草加ふささら祭りは、平成20年に草加市制50周年記念事業の一環として、市民・産業・文化・教育・行政が共生する「元気な草加の実現 ~誇れるふるさとづくり~」を目的に、市内のリーディングイベントを同日開催することで、新たな賑わいを求め、草加市を市内外に発信する「観光コミュニティ」イベントとして スタートしました。開催時期変更調整を行った平成22年度を除き、毎年開催され、年々多種多様な催しが展開され、市内外から多くの来場者を迎えるイベントに 成長しています

■「草加ふささら祭り」の名前の由来

草加ふささら祭りの名称は、市広報の公募541点の中から、
草加市に愛着のある言葉から選定しました。

戦後まもなく作られ、永く市民に親しまれてきた草加音頭の一 節

~ 二人寄り添いふささらさいさい~
さっさやさきたふささらさいさい~


草加音頭の「ふささら」は、一面に実った稲穂が風に吹かれさらさらと触れ合う情景を表現したものです。草加市制50周年を機に、市民一人ひとりが豊かな心を実らせる稲穂となって、「元気な草加· 誇れるふるさとづくり」に向けて、自らが新しい風を起こすことを願い、名称としています。

■「草加ふささら祭り」の理念

賑わいとイベントによる地域再生、そして「誇れるふるさと草加・元気な草加の実現」への取り組み

「草加ふささら祭り」の理念